青山一丁目駅 徒歩3分 / 外苑前駅 徒歩3分
03-6804-1180

【受付】9:00~13:00 / 14:30~18:00 【休診】土日祝

logo

歯を守る精密審美歯科治療 内山歯科クリニック

 

TOPCASEマイクロスコープを使った治療

マイクロスコープを使った治療

マイクロスコープとは
– 対象物を約20倍まで拡大、精密な治療を可能にする医療機器 –

マイクロスコープマイクロスコープとは、観察する対象物を約20倍まで拡大できる医療機器です。国内における歯科医院での導入率は5~10%と言われていますが、時間がかかる上に、専門の器具や4ハンド(術者+介助者)が必要になるため、実際の歯科治療に有効活用している歯科医院はもっと少ないでしょう。

マイクロスコープを使って精密な治療を行おうとすると、治療時間が一般的なそれよりも長くなり、1日に診療できる人数が限られるからです。当院では1日の診療人数を最多で6人に設定することで、マイクロスコープを有効活用しています。

ほぼすべての治療にマイクロスコープを導入

マイクロスコープを使った治療

マイクロスコープで拡大し、同時に内蔵されている光量の大きなキセノンライトで対象物を明るく照らし出すことで、歯の細部を鮮明に確認できます。拡大率が大きくなるにつれ光の量は減ってくるため、光量の大きいライトを用いることは拡大化で良好な視界を確保する上で必要不可欠なのです。

また、マイクロスコープを使用した治療中の姿勢はリラックスした状態で安定しています。前かがみになって患者さんの口を覗き込みながら治療する状態に比べて手元がぶれにくく、長時間にわたって治療の質を向上させることができるのです。

マイクロスコープは一般的に根管治療に用いられることの多い機器ですが、当院では虫歯や歯周病の治療、審美歯科を含めてほとんどの治療にマイクロスコープを活用しています。

最小限の虫歯治療

歯科治療で重要なのは、歯を削る量を減らすことです。人間の歯は5,6回治療すると抜かざるを得なくなると言われているため、歯を守るために削る治療は少ないほどに良いのです。 最小限で虫歯治療を行う具体的なメリットとしては大きく2点が挙げられます。

1:詰め物や被せ物との接着性能が高い 歯はエナメル質、象牙質、神経が通う歯髄の三層構造ですが、表面にあるエナメル質の方が最も接着性能が高く、いかに削る量を減らしてエナメル質の中で治療を行うかが接着性能を引き上げる鍵となります。

2:神経、歯質可及的に残し精密な治療ができる。 しかしながらエナメル質の厚みは約1mmしかないため、保存して治療を行える症例は限られてきます。すべての治療でエナメル質を残すことは不可能なのです。 そのような場合でも歯質は極力残して治療を行うべきです。 削るほど歯の深部にある神経を取るリスクが高くなってしまいます。神経には歯に栄養や知覚を届ける重要な役割があり、失うことでその歯は死んでしまい、歯の破折や細菌感染のリスクが高くなります。

つまり、歯を削る量を減らすことで1・2を達成できる可能性が高くなり、結果的に歯を守ることができるのです。
マイロスコープを使うことで虫歯の感染部位など削るべき部分とそうでない部分が見極められ、精密に治療を行うことができます。

マイクロスコープを使った治療例

虫歯を取りつつ、歯や神経を最大限残すことができるマイクロスコープを使った治療例をご紹介します。

  • ▲肉眼で見た状態

  • ▲マイクロスコープで拡大した画像

この症例は当院の衛生士がメインテナンス中に虫歯を見つけ、治療となった症例です。このような小さく歯間にある場合、肉眼だと虫歯かよくわかりません。しかし、当院の歯科衛生士はライト付きの拡大鏡を装着して診療を行っているため、このように早期発見できました。 この時点で拡大することの重要性がわかりますね。

右の写真はマイクロスコープで倍率を上げた状態です。歯が接している所の下に穴(赤丸部分)がありますね。この段階であれば最小限の侵襲で治療することが可能です。

上の動画をご覧ください。まず紫のシートが目に入りますね。このシートはラバーダムシートといい、これを用いて防湿を行います。ラバーダム防湿を行うと、唾液、血液、呼気に含まれる水分から術野を隔離できるため、感染予防や歯科治療の素材が歯に付着する力の向上につながります。

今回は歯と歯の間にある虫歯を治療するため、麻酔を行い、歯間離開器で歯を1mm弱広げていきます。歯間を広げることで小さな器具が入るスペースを作り、より最小限で治療を行なえます。

上の動画は実際に治療を行なっているものです。 少し広がった空間に非常に小さい器具を用いて虫歯をとっています。せっかくメインテナンスで歯科衛生士が早期発見した虫歯を可及的に小さいまま治療したいがためにこのようなステップを踏んでいるわけなのです。

その後、歯の接着処理を行なって行きます。マイクロスコープで確認しながら、術野のエナメル質のみを選択的に処理していきます。

機械的清掃と、2種類のコアについて

▲研磨し、治療が終了した状態

その後研磨を行い、歯間離開器を緩めれば治療終了となります。 ご紹介した治療の全ての作業はマイクロスコープを見ながらでないとできませんし、そもそもマイクロスコープがなければ虫歯そのものを発見することともできなかったでしょう。

仮歯の製作にも活用
– 仮歯は本番のための重要なシミュレーション –

皆さん、仮歯にどのようなイメージをお持ちでしょうか。「本番の前にとりあえず入れておくもの」とお考えの人が多いのではないでしょうか。しかし、実際には違います。

「本番の前の重要なシミュレーション」であり、歯科治療で最も大切なものと言っても過言ではありません。精密な仮歯を作ることで、本番の歯を作るための型取りも精密にできるからです。 仮歯がしっかりと歯茎の中に入っていないと、歯肉が仮歯を異物と見なして排除しようとし、炎症を起こします。すると、歯茎の腫れや出血などによって型取りがうまくいかず、出来上がった被せ物もフィットしないのです。

マイクロスコープで治療の精度を高める

当院ではマイクロスコープで仮歯を細かく削りだし、精度を高めています。本番さながらの仮歯を作ることで、形態美や噛み合わせも綿密にシミュレーションすることができ、患者さんの満足度を高めることができます。

マイクロスコープを使った治療なら 内山歯科クリニックにご相談ください

治療をご希望の方はまずは予約は電話(03-6804-1180 [受付]9:00~13:00 / 14:30~18:00)または初診予約フォームよりお申込みいただけます。


※当院は内山院長自らがお一人お一人に合わせた丁寧な診療を行っているため、対応できる患者様に限りがございます。 そのため、予約が大変込み合っており、混雑状況によって、1ヵ月程度お待ちいただく可能性があります。大変申し訳ございませんが、診察をご希望の方はお早めにご連絡いただきますようお願い致します。